赤ちゃんは小児科専門医に

赤ちゃん連れの狛犬

内科小児科と小児科内科は違う、当たり前の常識は意外に知られていない。

子どもは小さな大人ではない。子どもは転機が早い。

予防接種や健診を健康だから大丈夫だと思わないで。

特に初めての育児に不安も戸惑いもたくさんあるお母さんには

小児科専門医をぜひかかりつけに選んでほしい。

小児科専門医は、大人とは違う小児科特有の疾患、保健に精通したプロ。

そして小児は15歳まで。

少なくとも乳児の間はぜひ小児科専門医に。

あ母さん、お医者さんならなんでも同じではありません。

 

助産師、訪問指導員の保健指導の常識であり、

願いであり、揺るぎない信念です。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村