東豊先生の「構造的アプローチ」

先日、日本橋で東豊先生の「構造的アプローチ」に参加。

相変わらず神がかった東先生の爆トークに接し、

ワークワークワークで事例検討しながら、参加している皆さんの高いレベルに感じ入る。

家族療法の、構造派、戦力派、ミラノ派のそれぞれの事例を取り上げ、

今回は構造派でというテーマだったが、

結局、なんやらかんやら、いろいろな派のいいとこどりしながら、現場は進む。

まさにその通り。

しかし、今回はワークも構造派に寄せて行った。

普段無意識にやっていることをしっかり意識する。

話ながら仮説を立てる。

違えば捨てる、そうかなと思えば確認する。

セラピストではない私。対人援助職。

問題行動があれば、そこに介入して速やかに解決を志向する。

鉄板だ。

で、講座を受けた後に赤ちゃん訪問に行くと、

昨日も今日も、家族の構造を意識して、葛藤が見えて。

ちょっとの介入で、子育ての援助ができるなら、

私の内側にもp(ポジティブ)循環が巡って世の中は幸せになるのだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

匠の技法に学ぶ実践・家族面接 [ 東豊 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2018/6/27時点)

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 子育て支援へ
にほんブログ村