舌下免疫療法その後

舌下免疫療法を開始したのが、去年8月1日。

以来一日も休まず、毎朝舌下。

始めてから10日たったころから、3週間ほど、舌下錠の後、

舌がぷりっぷりに浮腫んで、午前中いっぱいうまく動かせず、

喋りにくい、違和感ある日が続きました。

やっぱり、アレルゲンを体に入れるってこういうことなのかと実感しました。

その間もずっと抗アレルギー剤も並行して内服しました。

舌の浮腫がなくなって10日経った頃、

鼻水、鼻のムズムズが感じないことに気が付きました。

やったとばかりに、抗アレルギー剤をやめてみたら、

全身に湿疹が出現。かゆい、熱い、腫れる。

内服中止は早まったと、二日後に再開したものの、

全身の湿疹は一向に収まらず、2週間かゆみストレスと戦いました。

やっぱり、アレルゲンを体に入れるってこういうことなんだと実感しました。

そのまま11月いっぱいまでアレルギー薬も並行して飲んでいました。

しかし、10月の半ばころ、

通年性でいつもある鼻炎症状がすっかりないことに気が付き、

12月に、再び抗アレルギー剤を切ってみました。

今度は湿疹も出ず、

インフルエンザ猛威の中、風邪もひかず、

花粉症の症状もないです。

もしかして、もしかして、今、とっても快適。

風が強い日もマスクなしでへっちゃらです。

今行っている舌下免疫療法は、ハウスダストだけですが、

花粉症、要らないかも。

また、花粉症ど真ん中の季節に再び報告します。

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村