遺伝子ダイエット

流行りの糖質ダイエットで効果があった友人。

糖質制限プラス運動、食事は副菜中心、間食はナッツ類。

血糖値も良くなったという。

体によさそうなことが大好きな健康オタクの私もさっそくお試しに入る。

食事の中でご飯を抜き、その分、しっかりとおかず、特に肉を食べる。

小腹がすいたらアーモンドやクルミ。

すると、頑張るほど体調が低下。

顔にぶつぶつもできる。体重はむしろ増える。

うーん、何故?

友人に聞くとまずは運動量が足りない、有酸素運動をしましょうよ、と。

それもそうなんだけど、なんだか納得もできない。

そんな時に遺伝子ダイエットという名前が飛び込んできた。

持って生まれた体質によって、

適したダイエット法があり、食事があり、運動メニューがあるという。

ちょっと面白そうなのでやってみる。

やり方は簡単。キットを取り寄せ、口腔粘膜を撫でて、キットを送る。

 

分析結果が出るのを待つのみ。

そこそこのお値段は、まあ、人間ドックみたいな保険がきかない医療費を考えると納得。

おおむね一か月、分析結果が出た。

私の体質は、糖代謝は普通。したがって、糖質制限は頑張ってもあまり成果は出ない。

脂質代謝にリスクがある。脂っぽいものを過剰に摂りすぎると即太るのだ。

糖質制限しているときに、空揚げとか、手羽先とかとんかつとか盛大に食べていた。

ナッツ類も脂質が多い。だから顔にぶつぶつができたのか。

そしてたんぱく質リスクがある。

若いころはやせていた。太り低いが一度太ると痩せにくい。

運動してもなかなか筋肉はつきにくい。

食べないダイエットや、ばっかりダイエットをすると

生命維持のために筋肉を消費する。

変なダイエットするたびに体の中身がスカスカになる不健康な体質だ。

糖質は普通に食べ、筋肉が落ちないようにもとになるたんぱく質はちゃんととる、でも油はカット。

体を冷やさず、披露しやすいから、負荷をかけた短時間の運動を。

間食には脂質の少ないクリ。

体重の数値を減らすことを目標にせず、筋肉の割合を増やすことに重きを置いて

健康な体を維持しようと。

レコードは目的を失い、ただ記録を続けてばかりいるけれど、

体組成計に切り替えて、

体重減らすより、健康で見た目からも良い姿勢を保つのが大事ってことね。

ちょっと腰痛、こりも自覚。

若いころよりも体力は落ち、コケることも増えた。

言われてみれば納得の結果。

なるほど、生まれ持った体質に合わせた健康法ってちゃんとあるんだね。

初めから知っていたら無駄な回り道しなかったのに。

苦手な運動は少しずつだけど、

解析結果が出てから、食事を変えたら、肌の不調が治り、

増加傾向だった体重はやや減量をキープ。

体を冷やさず、脂質を控え、食事を抜かない。

健康的に年をとれるように、

ちょっとずつおすすめ運動もしていく所存。

遺伝子ダイエットの解析で生活が変わりました。

 
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村