今だから、お灸で免疫アップ

にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

新型コロナウイルスに対する私たちの戦いは、どうやらかなり長期戦になりそうです。

東京は緊急事態宣言解除には至らず、これからの暮らしも新しい生活様式にシフトしていき、コロナが落ち着いても全く以前と同じ生活には戻らない予感がします。

そんな今だから、コロナだけではなく、病気から身を守るために重要なのが免疫力。

免疫力アップのためのセルフケア、お灸を紹介します。

人の体には無数のつぼがありますが、今回はコロナの対策にも有効なとっときのつぼを二つ。

一つ目は足三里です。

足三里の場所は、膝の皿の外側のすぐ下のくぼみから、外くるぶしに向かって手の指4本分下がったところです。

指で探すときは、足首側から軽く指を滑らせて止まるところです

ほぼ同じところになるのがお分かりになりますか。

下半身の病症全てに効果のある足三里は、便秘、吐き気・腹痛・胃の機能低下などの消化器症状、

足の疲れ、むくみ・こむら返り予防に効きます。

倦怠感・免疫、美容、など、多くの症状に対応できる万能ツボです。

松尾芭蕉も足三里に灸をして旅をしていたと書き記しており、健康管理に最適なツボとしても有名です。

二つ目は、合谷です。

合谷の場所は、手の親指の骨と人差し指の骨が交わる部分にあります

指で探すときは、軽くさすると指がこのように止まります

合谷には二つの位置がありますが、

押しながら肩や首が楽になるところ、いた気持ちいいところを探してください

上半身の病症全てに効果のある合谷は、

肩こりや、歯の痛み、寝違えのような頭と首の疾患、

痛みを和らげる効果がよく知られています。

他にも、花粉症 難聴 にきび アトピー  いびき かぜ 精神不安 入眠困難
めまい 物忘れ 無気力 便秘 下痢 生理痛荷も効果のある万能つぼです

足三里も合谷も、それぞれ万能つぼと呼ばれるつぼです。

この二つを組み合わせると全身療法になります。

指圧も気持ちがいいですが、免疫力アップにはお灸がいいです。

お灸にもいろいろな種類がありますが、台座灸が手軽に使えて効果的です。

シールをはがして、火をつけ、つぼに置き、冷めるまで待ちます。

慣れないうちは、低温から始めるのがおすすめです。

免疫力をアップして、セルフケアの習慣をつけましょう。

 

せんねん灸